10~20代のあなたへ | 美容整形・美容外科 エストクリニック 横浜・品川・町田・福岡

10代に出来る思春期ニキビの原因は、成長の過程で成長ホルモンが多量に分泌されると皮脂の分泌も盛んになり、毛穴に皮脂が詰まってアクネ菌が増殖することなどが挙げられます。この時期に出来るニキビは、皮脂が多く分泌されるTゾーンや毛穴の多い頬など比較的広範囲に出来やすのが特徴です。

一方、20代のニキビは一般的に大人ニキビと言われ、その原因は思春期ニキビと比べて複雑ですが、主なものとして不規則な生活や仕事上のストレス、喫煙などにより、お肌のターンオーバーが乱れて新陳代謝が悪くなることなどが挙げられます。
また、ニキビの出来る場所もUゾーンやアゴ、口周り、首筋などで思春期ニキビとは現れる場所も異なります。

思春期ニキビ・大人ニキビのいずれにしても一度出来てしまうとなかなか治らず、気になってニキビを潰してしまうとクレーターのように肌が凹んでしまったり、色素沈着も引き起こしてニキビ跡としてずっと残ってしまいます。
そうならないためにも、ニキビは早期の治療がとても重要です。

保険適用の範囲の治療は、主に内服薬と外用薬での治療ですから、根気よく長期に渡り治療することになりますが、当クリニックでは保険の範囲では出来ない「ウォーターピーリング」や「レーザー治療」、「イオン導入」などを組合せて、お一人お一人の状態に合わせたオーダーメイドの治療でニキビの早期改善を目指しています。
ピーリングで毛穴の奥の汚れや皮脂を取り除き、レーザーでアクネ菌を殺菌しながら、毛穴を引き締めお肌の代謝を促進します。さらに、イオン導入により色素沈着や炎症を抑えるなど、ニキビの予防から改善まで様々な方法で治療を行います。

「ニキビの治療で美容クリニックに通う」という想像がなかなかつかない方もいらっしゃるかもしれません。しかし、保険治療で効果が出なかった・満足いく結果を得られなかった方、より早くニキビもニキビ跡も改善したい方、鏡を見た時のストレスを無くしたい方こそ、美容治療を受けられる方が多いのです。
きめ細やかなオーダーメイドで対応する当クリニックのニキビ治療を体験してみてはいかがでしょうか?

ニキビに効果的な治療方法ページはこちら

IPLで肌を殺菌!
フォトRF(オーロラ)

水と超音波の力で角栓・角質除去!
ウォーターピーリング

ビタミンC導入で肌内部を殺菌
クライオセル(イオン導入)

そばかす(雀斑)は、薄い小さな茶色の斑点が鼻を中心に頬の高い部分に広がっているのが特徴です。そばかすには二つのパターンがあり「子供に出来るもの」と「大人に出来るもの」があります。前者の子供に出来るそばかすは遺伝的な要素が強く、両親のどちらかにそばかすがある場合は、高い確率で幼少期からそばかすが出現します。
一方、大人に出来るそばかすは日焼けによる色素沈着やお肌のターンオーバーの乱れなど様々な原因が重なって出現します。

幼少期からある遺伝に由来するそばかすは、思春期をピークに次第に薄くなっていくのですが、油断して日焼けをしてしまうと将来濃いシミに変化することもあるので、子供のうちからUV対策を行うなどして今あるそばかすを濃くしない、新たなそばかすを作らない習慣が大切です。

幼少期からからそばかすがある方は特にそうですが、遺伝だから仕方がないと諦めて、化粧などで隠している方も多いでしょう。しかし、実はこのそばかすにも、改善する治療法がきちんとあるのです。
当院には、お子様のそばかすが気になってご相談に来られるお母様や、親子で来院される方も多く、お子様のお肌でも安心なフォトRFやレーザートーニングでの治療をオススメしています。
フォトRFは薄い茶色いシミにも有効なうえ、穏やかに色素部分に反応する光治療器です。
治療後にテープを貼るなどダウンタイムの心配もないので、学校やお友達を気にすることなく治療が出来ます。さらに、そばかすは広範囲に出来ていることが多いので、お肌への負担が少なく一度に広範囲の治療が可能なフォトRFの治療が適しています。
なお、大人になってから出来るそばかすは、シミや肝斑などが混在していることもあるので、幼少期のそばかすと異なり診察も治療も複雑になります。
フォトRFで取りきれなかったものはQスイッチYAGレーザーを使用してピンポイントで除去し、肝斑隣接部分はレーザートーニングを使用するなど、症状に合わせた的確な治療で効果を高めていきます。
さらにレーザートーニングは、表皮にたまったメラニンを少しずつ破壊するので、フォトRFでも刺激を感じるお肌の弱い方やお子様のお肌でも安心な治療です。
そばかすは美白では消えません。そばかすを消すためにはレーザー治療や光治療を一定期間継続的に受ける必要があります。また、そばかすの濃さや数、場所によって治療法も異なりますので、経験豊富なドクターに相談しながら、ライフスタイルに無理のない治療法を選択するのが良いでしょう。

そばかすについて詳しくはこちら

誰もが気になるムダ毛。早めに医療レーザー脱毛をしておけば、毎日の面倒な処理から解放されて、つるつるのお肌を保つことができます。
最近では、お母様が中学生や高校生の未成年のお子様を伴って来院され、脱毛をお申込みしていかれるケースも増えています。お話を伺っていると、部活の合宿があるから、スイミングをしているから、ダンスをしているから、友達にむだ毛を指摘されたから…など、周囲の目が気になって学校生活が楽しめない、毎日の自己処理が面倒という理由が多いようです。

実は10代後半~20代前半の若いうちに脱毛をすることで、様々なメリットがあります。
脱毛は毛周期に合わせて定期的にレーザーを照射する必要があるので社会人になってから始めるより、時間のある学生の頃に済ませてしまうに越したことはありません。社会人になると自由な時間がなかなか取れないですし、脱毛の予約をしたくても土日はどこの医療機関も混雑していて、せっかくコースを組んでも途中で諦めてしまうという方もたくさんいらっしゃいます。
また、日々のカミソリや毛抜き、ワックスを使った自己処理で肌を知らず知らずのうちに傷つけてしまっています。その結果、色素沈着やかぶれ、毛嚢炎など様々な肌トラブルの原因となってしまいます。また、医療レーザー脱毛は黒い色に反応するため、色素沈着が酷いと、ヤケドをする心配があるのですぐに治療が出来ない場合もあります。そのため、まだ肌へのダメージがあまり蓄積されていない若いうちに医療レーザー脱毛をしておくことによって、その後の肌へのダメージを軽減することに繋がります。

なお、医療レーザー脱毛は脱毛効果のほかに毛穴を引き締め、お肌の代謝もアップしますのでニキビやニキビ跡の解消にもなり、10代~20代に多いお肌の悩みをまとめて解消することが出来ます。
さらに、最近では女性だけでなく、若い世代やおしゃれに敏感な男性にひげ脱毛も人気です。就職活動に備えて清潔感を出したいとか、社会人になり朝も早く毎日の手入れが面倒だからとか、接客業なので好印象を目指したいとか、手軽に出来て効果が高いひげ脱毛は男性の身だしなみとしてもオススメです。
まずは、スキンケア・身だしなみの第一歩として信頼できる医療機関でレーザー脱毛を始めてみてはいかがでしょうか。

脱毛について詳しくはこちら

最近、10代・20代の若い世代の方からよくお問い合わせをいただくのが、「ヒアルロン酸注射によるプチ整形」です。
ヒアルロン酸注射のプチ整形とは、例えば「鼻を高くしたい」「ぷっくりとした愛らしい涙袋がほしい」「セクシーな唇にしたい」など、様々なシルエットの形成が簡単にできることで人気ですが、なぜ若い世代が今注目しているのか。
その背景には、近年の“セルカ(自撮り)ブーム”が関係しているようです。
カウンセリングの際に話を聞くと、「セルカ(自撮り)を可愛く撮りたい」という患者様が非常に多く、今までは写真を撮る際に、いわゆる“メイクで盛る”作業に時間を費やしていたようです。
メイクで盛ることが手間になってきた、セルカ(自撮り)のようにもう少し鼻が高かったら…涙袋があったら…
そんな願望を叶えるべく、ヒアルロン酸注射をする若い世代が多いのです。

セルカブームに象徴されるように、「写真うつり」というのは、非常に大切です。
人は第一印象で8割が決まると言われるように、例えば就職活動などにおいては、「第一印象に自信を持ちたい!」「履歴書に使う写真の印象を良くしたい!」という気持ちは誰しもが抱いているでしょう。
気軽に投稿出来るSNSのセルカ(自撮り)でも、履歴書の写真でも、男性でも女性でも少しでもかっこいい・かわいい姿で自分を見せたいと思うのは当然のことですよね。
さらに、実物と写真とのギャップがあり過ぎて、「会ってみたら別人だった」なんて話もよく耳にします。
やはり、実物も写真と同様に“かっこいい・かわいい自分”がいたら良いですよね。

プチ整形について詳しくはこちら

  • お悩み別一覧
  • 治療法一覧
  • 美容コラム
  • よくあるご質問
  • モニター募集
  • 患者様からの声
  • クリニックブログ
ページトップ