豊胸術(人工乳腺バッグ挿入法) | 美容整形・美容外科 エストクリニック 横浜・品川・町田・福岡

  • 半永久的な豊胸術を希望している
  • 2カップ以上胸を大きくしたい
  • ハリのある大きな胸にしたい

豊胸術(人工乳腺バッグ挿入法)とは、人工乳腺バッグを入れて胸を大きくする豊胸術です。
ご希望のイメージにあった胸の大きさ・形を形成するためには、プロテーゼを挿入する豊胸術が適しています。
プロテーゼが挿入されているとは思えないほど、仕上がりは非常にナチュラルで、手術後の傷跡もほとんど目立ちません。

美しいバストにするためには、健康で安全な技術でバストラインをつくりあげることが必要です。
エストクリニックでは、カウンセリングの際に、患者様のご希望や体型を考慮した上でバックの大きさや方法を決めます。
人工乳腺バッグ(インプラント)を挿入する部位は、「大胸筋下」「乳腺下」「胸筋膜下」の3カ所です。
希望や体格、体質に合わせて最適な部位をご提案します。医師の診断によっては、左右のバストで挿入する部位を変えることもあります。

乳腺の下(大胸筋の上)にバッグを入れます。
大胸筋をはがす必要がなく、身体に負担のない方法です。
授乳後にボリュームが落ちた方、加齢により下垂した方などにお勧めです。

乳腺の下にある大胸筋の下に人工乳腺バッグ(インプラント)を挿入します。バストを自然な感じで底上げする方法です。
バストのサイズアップをお望みの方、胸の大きさが小さい方にお勧めです。

大胸筋を包む筋膜の下に人工乳腺バッグ(インプラント)を挿入します。筋肉収縮によるバストの変形を起こしにくいのが特徴です
筋肉を傷つけないので痛みが少なく人工乳腺バッグ(インプラント)のフチの部分の違和感などが解消されます。
この方法は安全性が高く、バックの輪郭が浮き上がるのを防ぎます。

エストクリニックでは、人工乳腺バッグ(インプラント)は安全性の高い「コヒーシブシリコンバッグ」を
使用しています。
かつては「シリコンジェル」が主流でしたが、シリコンジェルはその粘度が低かったため、交通事故などの
強い衝撃で外側のバッグが破損した場合、体内に流れ出てしまう可能性がありました。
そこで現在は、シリコンジェルが進化した「コヒーシブシリコンジェル」が主に使われています。
コヒーシブシリコンジェルは半永久的に形状を記憶するので、万が一破損しても中身が漏れ出る心配がありません。
また、エストクリニックで使用するコヒーシブシリコンバッグはFDA(米国厚生省)公認のものを使用し、さわり心地もやわらかく自然で、安全性の高い素材ですので安心です。

手術方法 料金
片側 両側
生理食塩水 420,000円(税抜) 700,000円(税抜)
コヒーシブシリコンバッグ 480,000円(税抜) 800,000円(税抜)

施術時間はどれぐらいかかりますか?
手術時間は、1時間半~2時間程度です。
入院の必要な手術ですか?
手術は日帰りで行えますので、ご安心ください。
痛みはありますか?
手術は全身麻酔で行いますので、手術中の痛みはありません。
手術当日の外出は可能でしょうか?
 
手術後の痛みはありますか?
痛みどめ飲めば治まる程度2~3日続く
エストクリニックでは、痛み止めのお薬と抗生剤をお渡ししていますのでご安心ください。
手術当日の制限はありますか?
手術当日は激しい運動や飲酒、傷口を濡らすようなことは避けてください。
手術後に傷痕は残りますか?
アンダーバストからアプローチする
ふくらみの影になる
傷の赤みは3~6ヶ月でひく
ダウンタイムはありますか?
特にありません。
手術後、通院は必要ですか?
 
手術当日のシャワー、入浴は可能ですか?
下半身のシャワー・洗顔・洗髪は手術当日より可能です。
入浴は抜糸翌日から可能です。
手術を受けた翌日から仕事や学校に通うことは可能でしょうか?
3日間ほどは安静がいい
  • お悩み別一覧
  • 治療法一覧
  • 美容コラム
  • よくあるご質問
  • モニター募集
  • 患者様からの声
  • クリニックブログ
ページトップ